髪は女の命とキャッチコピーがありました

髪の痛みチェック

簡単髪の痛みチェック5

髪が痛んでいないかチェックするときにポイントにしておいてほしいことが5つあります。
すべて覚えられれば良いのですが、自分がいつでもできそうなポイントだけでも覚えていただき髪をいたわってあげてほしいと思います。
それほど難しいものではないので、誰でも簡単にできますし、髪をいたわってひそかに思いを寄せているあの人に、さりげなくアプローチしちゃいましょう。

ではご紹介します。
「枝毛の有無」「指通りのなめらかさ」「巻髪がすぐに戻るか」「引っ張ったときの髪の強度」「雨の日の髪型のコンディション」です。

この5つをすべて理解するのは難しいかもしれませんが、女性の方は特に気にしなくてもすでになんとなくしている行為の中に含まれているチェック法があるはずです。
上手く利用しましょう。

髪の裏技チェック法

枝毛を確認したり、髪のツヤを目視したりと髪の傷み具合をチェックする方法はいくつかあります。
髪を引っ張ってみてすぐに切れてしまうようならば、それはかなり髪が痛んでいるサインだと言えますし、指通りが滑らかでない場合も髪が痛んでいるサインです。

しかし、これらのサインはすでに髪が痛んでいるときに出るサインであり、便利で簡単なもののもう少し早く気が付くような方法はないかとも思います。
そこで、もう少し早く気が付くチェック方法として、普段のブラッシングでのチェック方法をご紹介します。

普段櫛を使って髪をとかすと思います。
その時に髪が絡まないかどうかをチェック法として取り入れてみてください。
毎日行うことですし、絡まることが気になるようであれば痛みが始まるサインです。


TOPへ戻る